Take a look at this

書体のバリエーション

 23, 2013 10:27

130816アシェットカッパー


アシェットのカリグラフィーの中で、もう一つ気になっているのが書体のバリエーションです。

今回はカッパープレート体が紹介されています。

今まで書いてきたカッパープレート体とは少しペンの使い方が違うようです。

一本のラインの中で線の太さが変わっていきます。特に直線部分は中央が一番太く、書き出しと書き終わりは、ごく細い線です。

筆圧のコントロールが難しそうですが、その分、カッパープレート体のラインの美しさが、より強調されています。

憧れます。

少し練習してみようかな。
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?