Take a look at this

レッスン報告

 15, 2016 17:38

160408カリグレ刺繍Sさん



カリグレイスコープのレッスンに来られているSさんが
ブラックワーク刺繍に仕上げて持って来て下さいました
文字は流れるようなラインのMとS
6分割のカリグレイスコープです











160408カリグレ刺繍upSさん



アップで見ると本当に細かいのがよくわかります
一本のラインをペンで書くなら一瞬ですが
刺繍はどれだけ時間がかかるのかしら


生地の織糸を一本一本数えながら刺して行くブラックワーク刺繍
綺麗な曲線を出すには
その織糸をさらに割って刺すそうです @_@
気が遠くなる作業です


でもSさんは
「間違ったら刺繍は解けばいいけど
ペン書きはそうはいかないですよね」とおっしゃってます
時間をかけて刺繍したものを解くなんて・・・


Sさんの本職はハーダンガー刺繍の先生
現在はある作品に向けて
文字についても知りたいということで
今回からレッスンはイタリック体の文字の説明をしています











160408イタリック体文字構造



テキストは本を参考に作りました
カリグラフィー&写本装飾の魅力 河南美和子著から)
カリグラフィー未経験の方に
どのような形で説明すれば分かり易いのか・・・
改めて文字の構造を勉強してみる良い機会になってます


Sさんのブログはこちらです↓
ハーダンガー刺繍教室 Atelier Serene





*********************************

ブログ下カリ蜂

カリグラフィー・カリグレイスコープ教室
APRICOT HOUSE
レッスンご希望の方はこちらをどうぞ

*********************************

160403インスタグラム

インスタグラムは↓こちらです
https://www.instagram.com/anzyanzy/
良かったら覗いてみて下さい


スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?