140215洗濯物干し



花粉の量が増えてきましたね。

我が家は昨日から、洗濯物は室内干しになりました。

寒い日は、リビングのガスファンヒーターの前に干しますが、暖かい日は、日当りの良いただいまリフォーム中のこの部屋に干します。

せっかくのリフォームも洗濯物で生活感丸出しです。・・・>_<・・・

困ったのは、ハンガーに掛けた服を、前は無造作にカーテンレールに引っ掛けていましたが、今は無いので、他の物(階段の寒さ除けラティス)で対応してます。








140215洗濯物干し2



手前に扇風機を置いて回してます。

暖かくなるのはいいけど、花粉は飛ばないで欲しいです。

しばらくの間、辛抱です。

スポンサーサイト

140214ワイヤー塗り前



3mmのワイヤーをS字に曲げて並べてみて、歪んでいるところはないかチェックしています。

最後に、外側に一周3mmのワイヤーで囲んで、1mmワイヤーで絡げて完成です。







140214ワイヤー塗り



塗料を塗って乾燥








140214枠+ワイヤー鋲



先日作った窓枠風の棚の後ろ側に固定します。

思った以上にピッタリできてしまい、どのように固定するか悩みましたが、ホームセンターで椅子の生地止め用の鋲を発見。ワイヤーを押さえて止める形でバッチリ固定できました。








140214枠+ワイヤー正面



ひとまず完成です。








140214枠+ワイヤー斜



ワイヤーの取り付けに関しては、棚を何度も塗り直しているうちに思いつきました。

最初はブラウン系の棚のはずでしたが、何度も塗装に失敗。

愛着が湧いてきて、さらに手を掛けたくなってしまいワイヤーを着けちゃいました。








140214枠+ワイヤー窓



窓枠にはめてみます。

少し白が浮いているようにも見えますが、窓辺が明るくなったかな。

次はカーテン!


140213スノードロップ



2-3年前に植えたスノードロップの球根。

プランターに植えっぱなしにしていますが、一つだけ、花が咲いていました。

この春、最初の球根花です。

まだ寒い日も続いていますが、お日様の位置は確実に高くなっていますね。

春はもうすぐ。








1402133mmワイヤー



クリスマスのイベント以来、久しぶりのワイヤー作業です。

ワイヤーが長いので、マットを3つ繋げています。

まずはカットしたワイヤー(右)を左のようにまっすぐに延ばします。

2mm位までなら、わりと楽にまっすぐにできますが、今回は3mmの太さがあるので、少し手強いです。

長さも結構あるので (70cm) 立ってそば打ちのような格好でワイヤーを延ばしていきます。







1402133mmワイヤーS字



延ばしたワイヤーは、2.5mmワイヤーで作った枠の中に、Sの字に曲げて並べていきます。

さあ、作るぞー。


140212ベランダ塀



先日、白くペイントしたすのこは、リフォーム中のベランダのフェンスになりました。

これで無機質な感じも少し解消できました。









140212ラティス金具裏



すのこは、こんな金具で止めています。

壁の厚みに合わせて金具の幅を調節できます。








140212ラティス用金具



ただ、これはラティス用なの、でフックで掛けるようになっています。

すのこの場合は、この金具に収まるように、裏側に板を付けることで問題解決しました。



ここに、少しずつ植物なども置きたいなと思っていますが・・・

夏は恐ろしいほど暑くなる場所です。

これまた、少しずつ考えていかなくては。


140211すのこ着色



今週は寒さが続く予報でしたが、昨日少し気温が上がったので、防寒対策をしっかりとって、ペンキ塗りをしました。

今日、さらに二度塗りをし、ただいま乾燥中です。





もう一つ、塗ったものがあります。







140206棚着色



先日、BRIWAXを塗ったのに、思うようにいかなかった、2×4材で作った枠です。

修正を試み・・・・







140211枠着色2



家にあったニス(ウォールナット色)を塗ったところ、テカテカになってしまいました。

これは、いくらなんでもイメージと違いすぎます。

慌てて塗ったのがよくありませんでした。修正するどころか、ますます、ひどくなってしまいました。>_<






で、気を取り直して、オイルステインを上から塗りました。







140211枠着色3



悪い材質はカバーできましたが、

設置してみたところ、なんだか暗いです。

漆塗りみたいで、ちょっと和風な感じです。







140211枠着色4



で、昨日、すのこと一緒に白でペイントしました。

なんとか落ち着きました。

これに、細工を加えようかなと思っています。



どれだけ塗ったかなー


140210すのこ1



すのこを買ってきました。

これを3枚並べて、板を2本、裏側の端と端に釘を打って固定させました。すのこもかなりアバウトに作られているので、合わせるのに苦労しましたが、なんとかできました。

すのこ3枚が合体したので、かなり大きなものになってます。







140210すのこ2



これを、2セット作りました。

この後、ガレージでペンキを塗ろうと思いましたが、、、

昨日はあまりに寒くてできませんでした。

今日は昨日よりほんの少し気温は上がりそうですが、、、

この寒さではちょっと・・・・>_<・・寒さは一週間くらい続くらしいですね。

寒さをこらえて塗るか、塗りたい気持ちをこらえて待つか・・・


140209バスタオルピンク



相変わらず美しく畳まれたバスタオルです。







140209バスタオル後ピンク



裏側もこの通り。







140209ピンク洗濯物



この日はなぜかピンク系のものが多かったので、思わず写真に撮りました。







140209トイレカバー



これ、何だと思いますか。

しっかりと畳まれた便座カバーです。

タイトルは畳むから ”畳み込む” に進化しています。

またまた、ウェスタンパパのすご技の紹介です。







140209ロングシャツ



例えば、このロングシャツ。







140209ロングシャツ畳



少しわかりにくいですが、最後に折ったところを中に折り込んでしまうので、しっかり形をキープ、少々のことでは型くずれしません。

お店の棚に陳列してあるシャツもこんな感じで畳まれてますよね。

以前、買い物に行った時、ウェスタンパパが棚に陳列してあるシャツをじっくり観察していたことがありました。

しっかり活かされてます。







140209畳む



ちょっとお見苦しいものが見えますが、靴下や下着なども角ができるように畳まれています。

しっかり畳み込んで崩れません。

ありがとう。ウェスタンパパ。


140208雪



今日は朝から雪。外は一面真っ白です。まだまだ降り積もりそうです。







140208タッセル作品展



今日行く予定でしたが、天気が心配で昨日行ってきました。

TちゃんとHさんのタッセル二人展、ならまちの中にある奈良町物語館でやっています。

和の建物に洋のタッセルが素敵にディスプレイされて、二人のセンスが光っていました。







140208奈良物語館


140208奈良物語館上



築100年以上の町家を改装した建物も、素敵でした。


140207どこでも下地



石膏ボードくにも、ネジが効くという優れものを見つけました。

初めて使うので本当に大丈夫なのか不安ですが、とにかくやってみます。







140207石膏ボード穴



まず、ネジを取り付ける位置に印をつけ、ドリルで石膏ボードに穴(直径9mm)を開けます。

この時、マスキングテープで養生するのを忘れたので、後で貼りました。







140207スポンジ



付属のスポンジを水に付けて、しぼります。







140207楊枝



楊枝にスポンジを巻き付けて、穴に差し込みます。頭は1cm出しておきます。







140207溶剤注入



スポンジの中央にノズルを差し込んで溶剤を注入します。奥から手前に動かしながら2mlとなっていますが・・・難しい。







140207溶剤凝固



この溶剤は10回分となっていたので、ボトルにマジックで10個メモリを書いて、1目盛りずつ減っていくように使いました。

しばらくして、飛び出した部分をカット。

冬場は2時間くらいで固まるようですが、翌日まで放置しました。

すごいです!! 差し込んだスポンジはカチカチになっていました。







140207ネジ



そこにネジを入れ、しっかり止めることができました。







140207棚受け



先日塗った棚板を乗せれば、完成です。

ちょうど窓枠の上に少しかかるように乗せているので安定してます。







140207棚受け左



140207棚受け右



しばらく眺めていたくなります。


140206ワックス



初めて使います。BRIWAX。

DIYの本などによく登場するので、試しに使ってみました。色はジャコビアンでトルエン成分のない方を選びました。

このワックス、家具や床の着色、保護、つや出しにとても優れ、扱いやすいワックスのようですが、、、







140206棚着色



確かに扱いやすかったのですが

2×4材で作った棚に、塗ってみたところ、木目を活かすどころか、材質の悪さが際立ってしまいました。

このワックスは、もっと上等な木材に塗るべきでした。

なので、なにか修正する方法を考えなくてはなりません。







140206棚板

<before>

こちらは、棚板として使う為に購入した板。長さ190cmのものがなかなかなく、少し値段高めのものになりました。



140206棚板着色

<after>

値段高めだったおかげで、こちらは、BRIWAXがきれいに塗れました。

・・・・ですが、ここでも失敗が、、、







140206針



壁の材質が石膏ボードなので、棚を取り付けたいところの内側に板があるのかないのか、上の道具を使って調べました。

中に板が入っていると思っていたところが、私の勘違いで、そのままではネジが使えないことに後で気づきました。

こちらも、なにか対策を練らなければなりません。

なかなか思うように進みません。リフォーム難航中。

WHAT'S NEW?